電気脱毛のメリットとデメリット

Posted by pj on 12月 5, 2013 in 未分類 |

電気脱毛のメリットとデメリットですが、電気脱毛といってもいろいろな種類があります。高周波法、電気分解法、コンビネーション法・ブレンド法の3つに分けることができます。どの方法も、破壊された毛根が再生することはないので、永久脱毛です。

高周波法は毛穴に刺している金属の針に高周波を流しますから熱で破壊されます。固執派のレベルが高いフラッシュ法、そして低いマニュアル法の2種類があります。メリットは1本あたりの処理時間がとてもスピーディーであること、デメリットは、毛質により効果が十分に出ないことがあることです。

そして電気分解法は、電気分解させることで水酸化ナトリウムを起こしては積もう組織を処理します。メリットは、どのような毛質のタイプでも処理可能ですが、デメリットは1本あたりにかかる処理の時間が、1分以上かかるので、少し時間がかかるデメリットがあるのです。

そしてコンビネーション法・ブレンド法ですが、こちらは、今紹介した二つを組み合わせている方法です。電気脱毛より痛みも少なく、毛1本1本を脱毛しないで一度に広い範囲が脱毛できるのがメリットです。1本あたりは3秒とスピーディーで毛質は選びませんし、デメリットも特にないのが特徴です。

電気脱毛の施術は治療前にカミソリで毛を剃っていると脱毛ができないので、少し伸ばしておきます。そして脱毛をするのですが、毛穴の向きに沿って行います。4ヶ月に1度のペースで5-6回の施術で完了するのが一般的です。

Reply

Copyright © 2018 Vラインを脱毛するならココのエステがお得!. All Rights Reserved.
Theme by Lorelei Web Design.