レーザー脱毛の流れ

Posted by pj on 12月 5, 2013 in 未分類 |

レーザー脱毛の流れについてですが、レーザー脱毛をする前には、治療前の準備が必要です。レーザーを使った治療は効率よく、毛包部に、レーザーを当てて行いますので、剃った状態で行わなければいけません。またレーザーが目に入れば目に危険を及ぼしますので、目にはタオルやゴーグルをつけて保護しなければいけません。

そしていよいよレーザーを当てますが、レーザーが照射される時間、これは10000分の数十秒なので、かなり一瞬です。

照射時間、出力が強いと、やけどになりますので注意が必要ですし、逆に弱ければ毛細胞がしっかり破壊されないので永久脱毛ができないのが特徴です。

ですからレーザー脱毛は熟練した知識、そして経験を持った腕が必要です。レーザー脱毛を当てると同時に皮膚を冷やす必要もありますので、冷却方法はそれぞれの種類によっても違いはありますが、ジェルを塗ったり冷却装置を当てつつレーザーを当てることもあります。

レーザー脱毛をした後は、軟膏などを塗って肌を保護するところもあります。照射したところの皮膚が炎症を起こすこともありますが、トラブルに成らなければ2-3日もすれば、自然に赤みもとれるでしょう。受けたその日からお風呂もシャワーも普段どおりの生活で大丈夫です。

レーザー脱毛が完了するまでは、部位、毛質、毛の量にもよるかもしれませんが、人によって最低でも半年から1年半以上はかかるでしょう。3ヶ月に1回くらいのペースでそれぞれの毛の周期に合わせて行います。

Reply

Copyright © 2018 Vラインを脱毛するならココのエステがお得!. All Rights Reserved.
Theme by Lorelei Web Design.